三味線 邦楽教室

お問い合わせ 電話:0495-22-6930
メール:お問合せフォームはこちら

主宰紹介

梅若清瑛 邦楽教室とは
教室案内
主宰紹介
邦楽器の販売
お問合せ

主宰 梅若清瑛(うめわかきよひで)

 梅若清瑛(うめわか きよひで)は1983年 NHK邦楽技能者育成会修了と NHK邦楽番組演奏家オーディション合格登録を契機に、邦楽全般の演奏研究 と後進指導の本格的な邦楽研究所を立ち上げてデビュー。

民謡合唱や邦楽合唱を含む邦楽歌唱法の実践的研究と津軽三味線を初めとする民謡三味線、現代邦楽三絃の三味線音楽、また西洋音楽の楽理や尺八、横笛の演奏理論などの日本音楽を当時その道を極めた斯界の名人・達人・鉄人の師匠から習得し、同時に数々の海外公演、音楽留学、舞台現場の体験や作編曲、指導育成などの実績を積み重ねて梅若清瑛の芸風を確立。

この教室の指導プロセスでは、口承芸能として伝承されてきたアナログ性の強い日本の民族音楽
を、デジタルな楽譜に変換し、それをまたアナログな歌唱法や三味線など和楽器演奏のテクニックに活用するという特徴的な指導をしている。 『津軽三味線・三味線演奏の王道』と言われる由縁である。

主宰・梅若清瑛の演奏をお聴きになりたい場合はこちらをご覧ください。

◇梅若清瑛の芸風を確立した名人・達人・鉄人の師匠 達×達
初代 浅野梅若(あさの うめわか) 民謡 太棹三味線界の名人
初代 梅若梅朝(うめわか ばいちょう) 民謡 民謡三味線界の古参鉄人
初代 富士松亀三郎(ふじまつ かめさぶろう) 邦楽発声法の達人
    初杵屋正邦(きねや せいほう) 現代邦楽作曲界の鬼才名人
    山川直春(やまかわ なおはる) 現代邦楽界の尺八奏法達人

◇梅若清瑛が薫陶を受けた斯界の先駆鉄人 達×達
    町田佳聲(まちだ かしょう) 民謡研究会の父
    吉川英史(きっかわ えいじ) 邦楽研究会の父
    佐藤清山(さとう せいざん) 清瑛の実父で民族音楽の道標

◇梅若清瑛を舞台で輝かせて頂いた名人 達×達
人間国宝 青木鈴慕(あおき れいぼ) 琴古流尺八界の名人
人間国宝 堅田喜三久(かただ さんく) 邦楽囃子方界の名人

◇梅若清瑛が助言を頂いた達人 達×達
    春日由三(かすが よしかず) 元公財・日本民謡協会理事長
    川口幹夫(かわぐち みきお) 元NHK会長

Copyright © Umewaka Kiyohide traditional Japanese music school All Right Reserved.